MONOLOG

もっと自由に、もっとシンプルに

iPhone XのFace IDを「OFF(オフ)」にしたらストレスフリーになる話

f:id:chehonz5:20161228135437j:plain
去年の年末ごろに発売された、アップルの最新iPhoneである「iPhone X」。当初は、今までにない斬新なデザイン、これまでのiPhoneシリーズとは全く違うジェスチャー操作、もっと手軽に便利になったカメラ、また最新の顔認証システム"Face ID"を搭載したことで、発売前から注目され、在庫切れも心配されていました。

私自身もすぐに魅了され、即購入しました。非常に満足でした。これまでにないジェスチャー操作は慣れれば慣れるほど快適で、Face IDもほかのスマホが真っ暗闇で顔認証出来ない時もiPhone Xだけは顔認証が出来る。そんな素晴らしいiPhoneでした。

ただ、唯一iPhone Xには残念な点があります。

マスクをしている時に顔認証は通らない

当たり前と言えば当たり前なんですが、顔認証しか搭載していないiPhone Xでは、マスクをしているまま顔認証しても一度認証→失敗→パスコード入力画面と移行します。

"この動作がストレスすぎる"

iPhone Xを使っている人であれば分かると思いますが、認証→失敗→パスコード入力画面までは意外と時間がかかります。これが積み重なると案外ストレスではないでしょうか?

個人的には非常に面倒で遂にFace IDをオフにしました。もちろん、セキュリティ的にもかなり手薄になるので盗難、紛失には気をつけないといけませんが、これで非常に快適に操作が可能になります。

Face IDをオフにしたらストレスフリー

マスク状態でもiPhone Xを楽々操作が可能になります。パスワード等の入力もないので快適な操作が可能です。あまりにもパスワードが手薄になるので、気になる方はFace IDのみを使わない設定も出来るのでお好みで変更をオススメします。

特にこの時期マスクをしながらスマホを操作する方も多いのではないでしょうか?また、今から春先にかけて花粉症という方もマスクをしていくことになりますよね。そんな時、iPhone Xを快適に使うならFace IDをオフにすることをオススメします。

顔認証(Face ID)は誰得機能なのか非常に疑問ですね。